セカンドビザを取得したい人必見!パース付近のファーム情報 in マーガレットリバー【オーストラリア】


ウエスタンオーストラリアのパースから南に下って約3時間半の場所にあるマーガレットリバーという小さな街をご存知ですか。
海が綺麗なウエスタンオーストラリアの中でもサーファーが集まる場所としてとても有名なマーガレットリバーはワイナリーなど、ファームも多く存在します。

よくファームジョブ探しは「運」と「タイミング」と聞きますが、個人的にはそれにプラス「正確な情報」だと考えています。年中問わずにファームの情報が出回っている中で、いつの情報なのか、どこまで信頼性がある情報なのかわからないものも多く当てにできないことも多々あります。

私自身がファーム探しで苦労し、情報の曖昧さから無駄な時間を過ごすという精神的な疲弊が大きかったこともあったため、これからファームに行く方にはぜひ信頼性の高い情報を提供したいと思います。今回は現在もファームで仕事をしている私の友人から直接教えてもらった情報をぜひ共有するので確実な道でファームジョブをゲットしたい方にオススメです。

ファームを紹介してくれる人材派遣の会社に登録

マーガレットリバーでは人材派遣の会社に登録をしてそこから仕事がまわってくるのを待つというのが一般的な方法です。マーガレットリバー付近には130以上のワイナリーがあり人材派遣の会社と提携をしてワーカーを受け入れていることが多いです。

Vinepower
Labour Solutions
Down to Earth Agribusiness

が主なマーガレットリバーの人材派遣会社です。直接派遣会社に出向き、登録をすることで仕事が紹介してもらえますが、基本的には「登録したのが早い人順」に紹介をしてくれることになるので早めの登録をおすすめします。

時期は遅くても6月半ばまでに

ワイナリーが人手を必要とする時期は大きくわけてふたつ
Grape Picking グレープピッキング(ブドウ狩り)とPruningプルーニング(剪定)の時期です。そのふたつの中でもプルーニングの時期の方が長くビザに必要な日数をカバーするのにオススメです。
プルーニングがはじまるのは大体7月からですが現地入りは遅くても6月半ばまでにはしておきましょう。先ほども触れましたが登録が「早い人順」に順番が回ってきます。プルーニングの時期ぎりぎりに行くとすでに他のワーカーで溢れかえっていて仕事がまわってこないことも多々あります。
また、ピッキングの時期に行きたいという方は1月1週目くらいまでの登録がオススメです。1月下旬ころからピッキングははじまります。

早めに行って待機をオススメする理由

ファームでの仕事探しで早めに到着し「待機期間」を心配する方は多いです。もちろん待機期間は仕事がないので無収入ということになりますが「確実性」を狙った行動をする方が最終的にメリットがあります。

早めに行くことで「安い家賃」の家を見つけることができる
自然の中で仕事をするファームは天候にも左右されやすい為、仕事の不確実性からみんな安い家賃で住める場所を探しています。その為、安い家賃で住める場所からどんどん埋まっていき繁忙期ギリギリにファームに訪れる人には高い家賃の場所しか残らない、もしくは住む場所自体が見つからないことがほとんどです。

住む場所が無ければ仕事を探すことも出来ないですし、例え見つかっても高い家賃で住み続けることになります。繁忙期は住む家を探す人も多いので安い家賃の家に移りたくても空きがなく結果シーズン中は高い家賃を支払い続けるとケースも。1週間の家賃も$50ほど変わってくるので待ち時間が多少あっても早めに行くことでファームの仕事が終わる頃まで変わらず安い家賃で住み続けることができます。
3-4ヵ月の滞在を考えれば最終的な金額に差がつくことは想像できます。
 

仕事が割り振られる率が上がる

3度目になりますが、仕事は早く登録した人(早く現地入りした人)から順番に割り振られます。余裕をみて1ヵ月程の生活費さえあれば、早めに現地入りをして待機期間があっても繁忙期には確実に仕事が割り振られます。また、早めに現地入りをしいい物件を見つける時間があるので繁忙期には安い物件に住みながら仕事を十分にもらうことができます。

逆に繁忙期ギリギリに来た人は高い家賃を支払いながら自分の順番がまわってくるのを待つことになります。先に来た人がどんどん仕事をもらっている中、全く自分の番がいつなのかもわからなく、仕事も不定期になります。

実際にファーム情報でよくある同じ場所なのに「あの場所はファームの仕事がいっぱいある」という情報と「あの場所は全然仕事が全然ない」という情報があるのは「情報源の元」になった人の体験だったりします。マーガレットリバーでは毎年、現地入りが早かったワーカーは「仕事がいそがしい」、遅かった人は「マーガレットリバーでファーム探しは大変だ」と言っているそうで現地入りのタイミングがやはりファームに外せないポイントとなります。

最後に

今回は信頼性の高い情報の共有を重視したため、マーガレットリバーのワイナリーに絞って紹介させていただきました。
もちろんワイナリー以外にもフルーツや野菜などのファームはありますし、繁忙期も土地によってばらばらです。「直接ファームに出向いて見つかった!」という方もいれば「友達の紹介で見つかった!」という方もいるので今回の方法だけに限らずどんどんチャレンジしてくださいね。ファームを探しているみなさんに早く仕事が見つかりますように。

 

月額980円のオーストラリア留学・ワーキングホリデーの会員制コミュニティ
AussieMate(オージーメイト)を運営しています。

詳細はこちらから。

 

 

この記事のライター Azusaさん

#オーストラリア #留学 #ワーキングホリデー #ワーホリ #仕事 #ローカル #オーストラリア留学 #オーストラリアワーホリ #ホームステイ #シェアハウス #生活費 #貯金 #語学学校 #英語学習 #パース #ファーム


コメントを残す